《ももさようなら》

 2011年8月30日午後1時20分、ももはこの世を去りました。しばらく前から患っていて、暑さによる体力低下と高齢の為、手当てが及びませんでした。



ももを一番可愛がっていた長男と水をあげると、少し舐めてでもそれを飲み込む力も無く、手を少し伸ばして、息が止まりました。

「ももちゃん起きて」と孫たちが何度も繰り返し、娘は泣きながら「もう駄目なの、ももちゃんは死んじゃったから起きれないの」と・・・・・・・



 山の中のきれいな林の隅に、ももは眠っています。



 長らくごらん頂きありがとうございました。ももは最後まで皆に見守られ、そしてこの世を去りました。
今頃はまたのんびり寝られる場所を見つけて、母のななや兄弟のシロたちと遊んでいると思います。

 So long, momo...



最初に戻る