p545
NEOCA 1S



 ネオカの初期タイプの一つ、1Sは独特のスタイルですっきりしている。大判カメラなどの構造に近く、レンズボードが 孤立しているが、ボディーレリーズと距離計の連動はつながっている。次のUSでレバー巻上げのセルフコッキングになる 移行期のカメラだ。

 汚れと距離計が駄目というジャンクだが欠品は無く、シャッターが何とか動いている。レストア最適レベルだろう。



 イモネジに注油して慎重に廻すと前玉の距離計リングが外せた。これの回転ヘリコイドの動きを押しピンで伝えて距離計を 動かす構造だ。きちんと組まないと距離計が働かない面倒な構造。



 レンズバレル下部には特に何もついていない。



 セルフタイマーが無いのでシンプル。プロンタータイプだ。清掃と給油で快調。これで目測では使えるのでテスト撮影に 向かうのだが、先ずは指標が消えたので、無限を出さないと目測でも使えない。セルフコッキングではないが一度レリーズ すると巻かないと次は押せない二重撮影防止は組まれている。



 ピント出しセット。 ピントグラスにテープ、ルーペとドライバー、レリーズその他入り



 目測でのテスト撮影の結果がなかなか良いので、手持ちのハーフミラーから程度の良いものを選んで交換した。 わかり易い構造なのでほとんどの調整がハーフミラーの位置で決まった。



 無限ズレなどを直して完成。各部の錆などを取り去り、タッチアップと磨き作業。



 底部も念のため開いてみたが、ギアが少しあるだけ。注油して完了。



 はめ込み式のフードはなぜかヤシカのもの











《試写》

 モノクロはORWO100、ネガカラーは富士の業務用100











 一枚目のカラスはネガでは良く見えないレベルだがちゃんと出ていた。三枚目は机上のツールの反射が入ってしまったが、 開放で最短距離、1/58秒としてはちゃんとしている。

☆このカメラ、古いカメラに慣れていないと失敗の山を作るだろう。セルフコッキングでないのを忘れてレリーズすると もうどうにもなら無い。巻くしかなくて一枚空振りになる。巻上げは硬いし、巻戻しも非常に重い。

 しかし、じっくり写すには問題では無い。、一枚だけ速写するのは軽く静かだからスナップに最適だ。連写で失敗した時の 保険を掛ける人には向かないが(笑)

 画質は意外なほどしっかりしているし、逆光でも問題なく現代的に写る。標準的画角一本で何でも写せる人には、これ 一台でほとんどの対象を写しとめられる。軍艦部式ではないすっきりした外観もモダンだ。良いカメラである。


November 2018

トップに戻る