p545

MINOLTA AL(2)



ミノルタALは過去に一度レポートしている。これは ツイッターで知り合った、はいあたんさんのもの。





 ファインダー清掃などで軍艦部を開く。その時にちょっと気になったのが軍艦部の変形。自然に押さえたところで 巻き戻しノブの軸とずれているし、巻上げ側のネジが引っかかっていて、ごく少しだが巻き上げレバーもこすれた あとがある。少し腕力で修正し、外観的にはまったくわからないレベルで改善した。柔らかい物で強く押された 過去(例えば尻に敷かれた)があるのだろう。





 開くのはわかりやすい。巻き上げレバーのカバーを外すと、ネジ二本で止められているからこれをはずす。その周りにある カバーを止めているネジも外す。巻き上げノブの軸を内部で回転しないようにしてノブを逆転させて外し、その根元にある リングを緩める。これで軍艦部は外れるが、シャッターボタンの中に刺さっているピンを落としやすい。また、セレンへの リード線が2本あるので強く引っ張らないこと。

 この個体に関しては残念ながら露出計がオンかオフしかない状態になっている。セレンがきちんと発電しないかメーターが 異常か、どちらにせよ交換以外に対策は無い。これは使えないので作業の邪魔になる配線は切っておいた。

【距離計調整】



 距離計のハーフミラーの蒸着が弱っている。これを手持ちのベターなものに変えたが、そうなると再調整が必要だ。

 青の丸が上下、矢印の下が左右の調整だ。ただし、どちらも調整可能範囲が狭いのでハーフミラーはできるだけ良さそうな あたりに固定するのが必要。この個体では左右の調整代が無いので上下は妥協している。ネジ止めしそのネジ周りを接着剤で 固めたが、今後は狂ったらこの記事を参考に直して欲しい。左右に動かすにはネジではなく小さなレバーなので、2.5mm程度の ドライバを入れて引っ掛けてまわせばよい。この時代のミノルタ特有の構造である。



 内部で裏玉周りのカバーが緩んでいた。単にはめてあるだけだが緩かったようだ。ゴム系接着剤でチョン留めした。

 レンズを清掃、全体も清掃して完了













 カウンターは底についている。巻き戻しボタンは押し続けなければならないなど、ちょっと古い仕様だ。

《試写》

 ORWO UN54 100似て行い、16℃で現像



 スキャンしたまま







 中央部の一部



 一枚目はいつもテストに使っている。驚くべき解像度で、100メートル先の家がしっかり写っている。3枚目は1.8メートルで絞りは 4.0、これほどピリッとしているとは思わなかった。

☆前のテストでも画質はほめているが、今回は低温現像でその真価を測れたようだ。さすがロッコールというべきか。遠距離も 近距離もこれほど写る45mmは少ない。各社の同時代一眼レフの標準系のレンズで、これを上回るものは何本あるのだろうか。
 いろいろメカニズムとしての弱さはある。露出計周りは私が触った二台とも置き換える以外に治せない状態だし、距離計の ハーフミラーも情けないほど弱い。それてもシャッターは元気だし、吐き出す絵の素晴らしさで全て報われる。

 ミノルタがコニカと合併し、カメラ製造から離れてしまったこと、大きな損失だろう。時間は戻らないが・・・


 良いカメラです。ご愛用を>Yes, はいあたん!


January 2019

トップに戻る